借地権を正しく知ろう

借地権という言葉の響きから、借りている土地に関する権利イコール借地人側に有利あるいは保護を目的とする権利の保障を連想しがちです。
確かにそうした一面を有するのも事実ですが、賃貸契約は地主と借主のどちらか一方にメリットが集中してはアンフェアであり、とりわけ不動産である土地という存在には高額な現金の流れや複雑な他の権利関係が絡んで当然です。


借地権は建物に関する権利、土地活用法に関する権利、更に第三者の土地の利用や制限の権利など、多面性を有する権利です。


それぞれにスポットを当てて検証した場合、地主側の保護の色合いが強い権利、借地人のそれにウエイトが置かれた権利、そして自らの土地の有効活用を叶える上で必要な権利の保護と、極力特定の存在に有利な力関係が生じぬ工夫が施されています。
また時代の変化に伴い、当初はメリットと判断出来た権利がその限りでは無くなる、あるいはその逆となるケースも十分想定出来、過去複数回に渡り、その時々にマッチする内容への改訂が施行されています。


借地権は締結された賃貸契約が中長期的に地主と借地人双方に不安を残さぬ内容とすべく、制約あるいは保護を設定する役割を果たしています。
実際に借地権が絡む契約の締結あるいは解除に及ばれる際には、その時点で効力を有する詳細を十分確認の上、メリットとデメリット双方をしっかり理解しておかねばなりません。
今日インターネット上でも関連情報を閲覧出来る環境が整っており、専門家が優しく噛み砕いた説明サイトを運営配信しているので、参照をお薦めします。


[管理人推奨外部リンク]
借地権のデメリットの側面のことなどを無料で相談出来るサイトです・・・借地権 無料相談